食トレンド

カカオ生産者が作る次世代の板チョコ「Tree-to-Bar」

ビーントゥバー(Bean to Bar)という言葉を初めて耳にしたのは、クラフトチョコレートブームの始まった2000年代後半のことでしょうか。1つの会社がカカオ豆の仕入れからチョコレートバー完成までの全行程をおこなうこのタイプのチョコレートバーは、新しい形として注目され、未だにその人気は絶えることなく、新しいメーカーが次々に誕生しています。 そんなクラフトチョコレートブームが続く中、先日ハーバード大学のイベント「トゥリートゥバー(Tree to Bar) テースティング」に誘われ参加してきました。初めて聞くトゥリートゥバーとは、定義されていない規制のない用語ではありますが、カカオ生産者がその地で作り上げたチョコレートバーを指します。一般的に収穫されたカカオ豆は、海外に送られてチョコレートに製造されてきたため、カカオ生産者の多くは十分な収入が得ることができませんでしたが、ここ数十年の間に、カカオ生産者がチョコレートを製造しようとする動きが活発になっておりその状況が少しずつ変わろうとしています。 今回のイベントのゲストスピーカーは、ペルーの首都リマでEl Cacotalというチョコレートショップを経営するアメリカ人のアマンダ・ウィルディー(30歳)さんとそのパートナーのフェリーペさん。地元のトゥリートゥバーを販売しながら生産者と消費者を繋げ、同時に生産者達にマーケティングやパッケージデザイン、品質向上のヒントまで、製品の商品化を支援するワークショップなども提供し、 生産者が無事に軌道になるためにサポートをしています。アマンダさんによると驚くことにカカオの生産国であるペルー人の多くはチョコレートを食べる習慣がなく、こうしたペルーの産物を地元の人々にも紹介していきたいとも話していました。 今回試食したのは、Miroshnik、Nina、Pangoaの3種類のチョコレートで、1つはとても美味しかったですが、残りの2つはまだまだ改良の余地ありかなという感じでした。国際レベルに仕上がるにはまだまだ時間がかかりそうですが、カカオの生産地にも少しずつクラフトブームの良いウェーブが到達しつつあるとは嬉しい発見でした。

ホールフーズマーケットによる「2020年食トレンド予測トップ10」

完全デジタル時代に育ったミレニアル世代に続くゼネレーションZ世代が成人となり、地球規模で気候変動が起こっている今、健康志向や環境問題への関心がますます高まっています。そしてそれらと密接に関係している食にも、大きな影響を与えています。そんな今の時代を映し出す食のトレンド予測を、アメリカの有名オーガニックスーパー「ホールフーズ」がまとめたので、ここで紹介したいと思います。 1. 環境再生型農業農薬や化学肥料によって劣化した不健康な土を微生物や家畜の糞など自然の力を利用して復元し、気候変動を暖和させる環境に優しい農耕方法「環境再生型農業」をサポートする食品を好む。 商品例:MegaFood Turmeric Strength for Whole Body; MegaFood B12 Energy Ginger Gummies; White Oak Pasture Grassfed Ground Beef; Zack’s Mighty Tortilla Chips; …

ホールフーズマーケットによる「2020年食トレンド予測トップ10」 Read More »

子供達による世界的環境ストライク

9月20日金曜日、世界各地で何万人もの子供達が環境問題を訴える、世界規模のストライクが行われました。今年9月23日にニューヨークで開催された国連気候行動サミットに向け、気候変動を止める即時の対策要求が主な目的で、ノーベル平和賞にノミネートされているスウェーデンのグレタ・トゥーンベリ(16歳)さんが、1人で毎週金曜日に始めたストライキが「Fridays For Future(未来のための金曜日)」という動きとなり、世界各国の若者の共感を呼んだ結果です。 この日ボストンでも、およそ7,000人の学生が市役所プラザに集まり、自国の利益だけを考え地球そして子供達の未来を無視している大人達へ向け、持続可能な地球環境を残す即座の対応を求めるデモが行われました。 誰もが地球の異常な変動を感じつつも、問題が大きすぎて見て見ぬ振りをしてきたのは事実です。リサイクルやソーラーパネルなどエコ的な動きは各地でみられますが、それだけではもう間に合わないところまできています。それでも政治や経済と複雑に絡み合ったこの問題を対処できない大人達に代わって、このままでは未来がないと実感した子供達が、このような行動にうつしたわけです。 今後こうした環境問題の意識が高まる中、あらゆる分野の選択に大きな影響を与えていくのは間違いありません。環境問題に大きく関与している食についても同様、持続可能な農業や漁業サポートし、牛肉を避け、食料を無駄にせず、ストローやプラスチックのフォークやナイフを廃止するなどの行為が、食材やレストランを選ぶ上で重要になり、美味しい不味いだけにこだわっていた時代が終わろうとしています。ますます深刻になる環境問題に対応し、今後どう食が変わっていくのでしょうか?時代の変化を受け入れながら現実を直視し、個人レベルで今できることを考え実行していこうと、改めて痛切に感じさせられる日となりました。

Scroll to Top